【売買専門】福岡市南区にある仲介手数料無料の不動産|すみれ不動産 > すみれ不動産株式会社の不動産コラム記事一覧 > 中古マンション・中古戸建も仲介手数料無料に!仕組みと注意点を徹底解説!

中古マンション・中古戸建も仲介手数料無料に!仕組みと注意点を徹底解説!

記事一覧   最新2024年版!住宅ローン控除の仕組みとメリットを解説!|次へ ≫

中古マンション・中古戸建も仲介手数料無料に!仕組みと注意点を徹底解説!

カテゴリ:仲介手数料

この記事で解決できること

①仲介手数料の仕組みがわかる
②無料対象となる物件とは
③仲介手数料が無料だと、どのくらいお得か検証

この記事の執筆者

 


当ブログでは、不動産の売買を専門で行っている当社が、不動産購入について役に立つ情報や、お得に購入できる方法を中心に発信しています。
私のプロフィールはこちら


不動産を購入する際に、意外と高い金額を占めるのが「仲介手数料」。この仲介手数料については、必ず掛かる費用と思っていらっしゃる方も多いかと思います。
この記事を見ることで、「仲介手数料」とは何なのか?安くすることができるのか?を分かり易く解説していますので、是非最後までご覧下さい。


▽目次
1.そもそも仲介手数料とはなに?
2.仲介手数料は法律で決まっている?
3.仲介手数料無料が可能な仕組み
4.どんな物件が対象?
5.実際どれくらい安くなる?
6.まとめ


そもそも仲介手数料とはなに?

不動産の仲介手数料とは、その名の通り不動産業者が「仲介」をする際に発生する手数料で、契約業務が完了した際に発生するいわゆる「成功報酬」型の手数料です。
購入をする際も売却をする際も、実際に物件の契約(若しくは引渡し)が完了しないと手数料は発生しません。(契約解除時の手数料は、別の機会にお話しします)

仮に物件価格4000万円の売買契約が成立した場合の仲介手数料はいくらになるのでしょうか?
通常の仲介手数料の計算では、「物件価格 × 3%+6万円(税別)」となるのがほとんどの為、
答えは約138万円となります。
では、「仲介業者」は何をしているのかという点ですが、ここでは「購入時」の仲介業者の役割を、かなりざっくりまとめてみました。

●物件のご案内
●ローン業務の手続き代行
●売主様との交渉等
●契約書等作成・重要事項説明
●契約書とりまとめ
●引渡時の立会い
●購入後のご相談(ローン控除・取得税減税のサポート)など

上記の内容のように、買主様と売主様の不動産取引が円滑に進むように不動産のプロとして間に入り、お手伝いをするイメージですね。(本当にざっくりなので、細かな業務はたくさんあります。)
当然、上記の業務をしていく中では費用が掛かります。
例えば、
●購入希望者を募集するための広告宣伝費
●人件費
●契約書作成関係の費用
●物件調査費用
●事務所維持費
この辺は、どの不動産業者さんでも掛かっている費用かなと思います。ただ、このような費用も先程の仲介手数料の額を鑑みると、基本「仲介手数料」の中に含まれていると考えるのが妥当です。
たまに「ローン代行手数料」などの名目でお客様に請求している業者さんもいらっしゃるようですが、お客様の事前の承諾が無く仲介手数料以外の請求をすることは、宅建業法に違反する可能性がありますのでそのような名目には注意が必要ですね。

まとめますと、
成約するまでの間の費用は無報酬で、
お客様の契約が成立した場合にのみ頂ける報酬
それが「仲介手数料」ということになります。

仲介手数料は法律で決まっている?

では、この「仲介手数料」の金額はどのようにして決まるのでしょうか?
「仲介手数料は法律で決まっている」と聞いたことがあるけど本当なのでしょうか?

答えは、「仲介手数料の上限は法律で決まっている」が正解です。
まずは下記をご参照下さい。

宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受け取ることができる報酬の額

二百万以下の金額                                           百分の五・五

二百万円を超え四百万以下の金額                百分の四・四

四百万を超える金額                      百分の三・三

 (参照:国土交通省昭和45年建設省告示第1552号
はい。ふむふむといった感じですね。
こちら複雑なのが、例えば1000万円の物件の場合、200万円以下の部分と200万円超え400万円以下の部分と400万円を超える部分を分けて全て計算しないといけないということです。
はい。めんどくさくなってきましたね。

ご安心下さい。簡単な方法をご紹介いたします。
下記は400万円超えの取引額の報酬額の簡易計算式です。
ここからの方が、聞きなじみがあるかもしれません。

報酬額=200万円×5%+200万円×4%+(総額-400万円)×3%

=200万円×(3%+2%)+200万円×(3%+1%)+総額×3%-400万円×3%

=200万円×3%+200万円×2%+200万円×3%+200万円×1%+総額×3%-400万円×3%

=200万円×3%+4万円+200万円×3%+2万円+総額×3%-400万円×3%

=400万円×3%+6万円+総額×3%-400万円×3%

総額×3%+6万円


つまり、400万円超えの物件価格の場合の報酬額は

物件価格×3%+6万円で求めることができます。


ここでご理解頂きたいのは、400万円以上の価格の場合法律上の上限は「物件価格×3%+6万円」ですが

下限については決まりはないということです。

また、物件価格に応じて仲介手数料の金額も変動するということです。


物件のご案内時に諸費用明細(物件価格以外の費用)について、

仲介手数料は「法律で決まっていますから」と言われたけど、とご質問を受けることがありますが

是非覚えておいて下さい。


仲介手数料が法律で決まっているのは、あくまで上限のお話です。

どこまで安くできるかは、対応する不動産屋さんの努力次第。

ご内覧に行かれた際は、是非仲介手数料についても聞いてみて下さい。


仲介手数料無料が可能な仕組み

ここまで読んでいただいて
負担の大きい仲介手数料が
「無料になれば、もっと金額にも余裕がでるのに・・」
そう思われる方も少なくないと思います。

ここからは、そんな仲介手数料を無料にできる
すみれ不動産の仕組みをお伝え致します。
始めにお伝えしておくと、全ての物件が無料にはできません。
ですが、無料になるご条件に当てはまればお得なのは間違いなし!です。

まずは、不動産の仲介取引には
片手仲介と両手仲介という取引があることはご存じでしょうか?

【片手仲介】




上の図のように、「片手仲介」とは仲介業者が2社介在します。

業者Aへは売主様側の仲介業者として、弊社は買主様側の仲介業者として仕事をしますので

支払われる手数料も各々支払われます。

各業者が共同して仲介をするので「共同仲介」と呼ばれたりもします。

また、売主様が個人の方のケースが多いです。

【両手仲介】




次は「両手仲介」を見てみましょう。この場合、売側買側両方の仲介業者として

弊社1社だけが仲介に入ってます。

両方の為にお仕事をしているので、売主様側と買主様側両方から手数料を頂戴するため

「両手仲介」という取引になります。つまり2倍の手数料報酬になります。

この場合、売主様は「不動産業者」様のケースが多くなります。

同じ不動産の取引でも、どういう立場で仲介するかによって

仲介業者は手数料が「片手」になったり「両手」になったりするのです。


もちろん違法でも何でもない正規の取引ですので、

不動産業者としては、この両手取引の方が商売としても楽になりますし、

ここを狙って仕事をしているといっても過言ではありません。

購入するお客様からは、売主様からも手数料を頂いているかどうかはわかりませんので、

普通の業者さんであれば、喜んで受け取っているのが通常です。


ですが弊社では、このような両手物件の場合は自社で利益を取るよりも

少しでもお客様に還元できればという思いから、

買主様の仲介手数料を無料でご案内するようにしております。

【仲介手数料無料の仕組み





つまり、仲介手数料を無料にできる仕組みとは

「両手仲介」の場合に、本来は売側買側両方からもらえる手数料を

買主様からは頂かずに、還元しよう。

そうゆうことでございます。

また、仲介手数料無料を実現するために

●家族経営による人件費の削減

●広告宣伝費の削減

●業務の効率化

こちらを徹底的に行い、その分買主様へ還元できるように

日々努力を重ねております!



意外と多い!?仲介手数料無料マンション!

▽▽▽▽

仲介手数料無料マンション一覧(一部)はこちら



どんな物件が対象?

ではどんな物件が仲介手数料を無料にできる
いわゆる「両手仲介」ができる物件なのでしょうか。

まずは「新築建売戸建」です。
こちらは、売主様は「不動産業者」になりますので
9割以上手数料無料でご案内が可能です。
※一部の売主様側に仲介業者が専属でついているケースはできません。

次に「中古物件(マンション・戸建)」です。
こちらは、内装をフルリノベーションやリフォーム済みの物件が主な対象です。
個人の方でそこまで費用を掛けて販売する方は非常に少ないので
内装がリフォームされて綺麗な物件は、売主様が「不動産業者」が多く、
その場合「両手仲介」が可能です。
事前に確認が必要ですが、こうしたケースも手数料無料でご案内致します。

その他のご条件としては、「物件価格」です。
上記でお話したように、仲介手数料は物件価格によって変動します。
弊社の場合、金額の目安は
2500万円以上の両手物件➡原則無料
2500万円以下~1000万円までの両手物件➡原則割引
このように設定させて頂いておりましたが、
令和5年5月11日より

1500万円以下の両手物件は、全て仲介手数料無料でご案内させて頂きます!

この物件は仲介手数料無料なの?
気になる物件があれば今すぐLINEでチェック♪
▽▽▽
友だち追加


実際どれくらい安くなる?



仲介手数料は物件価格で変動しますので
価格が高いほどお得に購入できることになります。

令和5年5月11日からは、2500万円以下も対象です!



仲介手数料がかかる業者と無料の業者
この金額を見て、あなたならどちらを選びますか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?
不動産購入時の諸費用で最も高い金額の仲介手数料を
無料にできる仕組みがあることをご理解頂き、
そこをきちんとやってくれる業者を選ぶことで
他よりも少しでも安く購入できることが分かって頂けたと思います。

もし条件に当てはまる時は、
お得に購入できるチャンスです!
まずは今、気になっている物件の手数料が安くなるのか?
そこから物件探しをスタートするのも良いかと思います♪

弊社では、お客様にご満足いただけるように
仲介手数料無料でも手を抜かず、他の業者に負けないサービスで
24時間お客様からのお問合せをお待ちしております♪


手数料が無料になるかとりあえず知りたい!
お手軽LINEお問合せはコチラ
▽▽▽
友だち追加

記事一覧   最新2024年版!住宅ローン控除の仕組みとメリットを解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 仲介手数料無料
  • LINE
  • スタッフ紹介
  • 不動産コラム
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    すみれ不動産株式会社
    • 〒815-0083
    • 福岡県福岡市南区高宮2丁目3-4
      大産高宮ビル 502
    • TEL/092-406-6497
    • FAX/092-406-6498
    • 福岡県知事 (1) 第19870号
      行政書士
  • Instagram
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

平井 裕二 最新記事



平井 裕二

一生に一度のお買物だからこそ、 安心して、コスパ良くご購入頂きたい! すみれ不動産は「24時間」いつでも お客様からのご要望を承っております。 行政書士の資格も生かした豊富な知識で 安心のお取引をお約束! さらに新築戸建・リノベ済中古マンションなど 【仲介手数料無料物件】も多数ご用意!! 【24時間対応可】【仲介手数料無料物件多数】 ↓↓【仲手無料 よくあるご質問は下にスクロール♪】↓↓

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


笹丘パーク・マンション

笹丘パーク・マンションの画像

価格
1,990万円
種別
中古マンション
住所
福岡県福岡市中央区笹丘3丁目20-6
交通
桜坂駅
徒歩37分

アーサー春日パークヒルズ

アーサー春日パークヒルズの画像

価格
2,490万円
種別
中古マンション
住所
福岡県春日市小倉6丁目67-1
交通
南福岡駅
徒歩16分

ライオンズマンション春日若葉台

ライオンズマンション春日若葉台の画像

価格
2,290万円
種別
中古マンション
住所
福岡県春日市若葉台西2丁目123
交通
春日駅
徒歩15分

大池シャインハイツ

大池シャインハイツの画像

価格
1,890万円
種別
中古マンション
住所
福岡県福岡市南区寺塚1丁目4-3
交通
高宮駅
徒歩26分

トップへ戻る